未来食堂通信

カテゴリ:フランスかぶれ 2011( 3 )

フランスかぶれ 2011 完結編 




また間隔が開いてしまった・・・・・。






料理人たるもの、あらゆる雑念を取り払い、寡黙な職人として自分の職業に取り組んでいる時間は一定必要なのだ。ブログなぞ書いているヒマはない!!  と自慰しつつも、 結局は周期的に訪れる 帰宅するとすぐに寝てしまう眠り病に入っただけのような気も・・・・・・・・





前回 男のJB好きの個人的言い訳を書かせてもらったが、もう少しだけ他のフレンチロリータ系のファンと比べて何が肩身がせまいのかを補足しておきたい。






まずはB.B。。


c0175267_23144398.jpg



1956年の映画『素直な悪女』で鮮烈なデビューを飾り、1960年に『ブリジット・バルドー

とロリータ・シンドローム』 (Brigitte Bardot and the Lolita Syndrome) という写真集

をだしたモロ

当時のフレンチ ロリータブームの火付け役だったブリジット バルドーは結局そのあと戦後

フランスにおける反道徳、反規範、性的反抗の社会現象であった「アプレゲール」の象徴に

なってしまい バルドーのファンはモンロー好きやソフィア ローレン好きと同じように

せいぜい映画好きぐらいの好印象しか持たれず、白い目で見られることは決してない。




強引に言わしてもらうが、日本人初のボンドガール キッシー鈴木 こと浜美枝のファンを

誰も揶揄できないのと同じ。



キッシー


c0175267_2316222.jpg


足が長い。


c0175267_23163940.jpg







おなじくロリータ系譜の一人である女優 アンナ カリーナにはココ シャネル命名と、ゴダール映画女優という決定的なプレミア感がついているので彼女の男性ファンは完璧にオシャレ指数が上がるのがずるい。





c0175267_15132538.jpg




あとシルヴィ ヴァルタンとかフランソワーズ アルディはルックス的にはかなりロリータなのに


シルヴィは見かけとは裏腹のハスキーヴォイスで歌はロックよりだから・・・・


フランソワーズ アルディは


c0175267_23534257.jpg


c0175267_2354119.jpg



こういう文学的ノスタルジアを髣髴とさせるイメージがあるので偏見のそしりを受けることは少ない。





で。。。。。結局 こういうのを鑑賞して



c0175267_132141.jpg

荒木氏所蔵を拝借。



c0175267_1324472.jpg






「やはり生足最強。。。」
とか言っていると確実に差別じみた誹謗を周りから受けるのである。





こうして 前回、前々回でフランスを横目でというか、微妙な表現になるが・・・・ロンドンではなくローマ(イタリア)とパリを斜視 (ローパリ?)で見るような状態になった マイ ルーツを徒然と書かせてもらったが もう一つルーツがあるとしたらやっぱり 1998年に発行されたブルータス の「フランス商品学。  なにしろフランスかぶれなもので!」


c0175267_0373652.jpg




日本人がもつフランスのイメージを 01の自由の女神 から 02 エール フランス /06 実存主義とサルトル /09 シトロエン /14 スタイル・カウンシル /19 エマニエル夫人 /34 フランソワーズ・サガン /35 B.B /49 ソルボンヌ大学 /55 雑貨少女  /67 クロード・チアリ /76 日本かぶれ などの項目で 「フランスかぶれ万歳!」と声高々に綴っていく マイ 雑誌購読ヒストリーの中でもかなりお気に入りの一冊。




これをイタリア修行の際、何故かトランクに入れて帯同し、イタリア滞在中読み耽るという バチカンで御経を唱えるような暴挙に浸っていた。




今読むと項目のピックアップが何個か無理矢理感を感じて、「ソレ入れんのやったらアレやろ」的なものがあったり、ここぞという項目でイマイチ踏み込みが浅い記事が多いのだが、これはこの当時の日本文化のフランス文化の解読深度であって、けっしてブルータス編集部の責任ではないと思う。島国 日本での異文化の解読・浸透というのは一朝一夕ではやはり不可能であり、それぞれの国との「国交の時間」と「深度」と「かぶれ人間の数」の上に公式が成り立つ。


同じ企画でぜひまたやってほしいのだが(フランソワ シモン来日然り 〈彼のブログ「SIMON ~SAYS!」おもしろい!!〉 、ブオナッシージ来日然り)ブルータスのような雑誌の編集長って前任者の二番煎じは絶対にやらなそうだから無理だと思う。





内容に一個一個ふれているとイタリアンレストランのブログという主旨が壊滅的に破たんしてしまうのでやめとくが、05 ボージョレ ヌーボー、36 ペリエ、50 エスカルゴ(!)など一応あるものの、、結構幅をきかしてもいいような気がする“フランス料理”が 73 番目にやっと  登場するところがイタリア料理業界からみると痛快・・・。


あと仏と仏蘭西(フランス)という冗談なのかわからない異ジャンルを内面融合させるみうらじゅんの素敵な考察や、ブレイク以前のリリー フランキーが魅せられる加藤紀子などの文章がたまらない。。。



ちなみに同い年で三重出身の加藤紀子は自他ともに認める フランスかぶれ。日本がフランスに誇るシャンソン歌手 淡谷のり子にアイドル時代 歌唱力を認められたからではないだろうが、30代に入ってからの地道で自然体に好きなフランス音楽(他)に携わる仕事ぶりには本当に共感・・。ちなみにもう何年も前だが彼女のネットラジオ番組(leçon de a.b.c)でリンダ ルイスが好きということも知ってフランス&ボッサ専門だと思っていたので軽く度肝を抜かれる。(とういうか、同い年だし普通に友達になりたい・・・)




c0175267_8343071.jpg







・・・・・・・・この生足に強烈な「かぶれ感」 を感じるのは僕だけだろうか??





フランスかぶれ編、まだまだ書きたいのですが 







[PR]
by tre-lumache | 2011-07-11 09:36 | フランスかぶれ 2011

フランスかぶれ  2011  ☆part2    







フランスにまみれた続き・・・・・・・・・・



しかし本当にまみれる前にとりあえず J.B     イギリス人だし。。。







僕はJ.Bが好きだ。しかし女性はともかく、男のJ.B好きはややこしくて いろんな言い訳じみた解説が必要だという持論・・・・を今から書く。




c0175267_12572082.jpg






まず第一に 定義的にJ.Bは 元祖秋元康 セルジュ ゲンスブールが創始したロリータ系フレンチ ポップスの筆頭御三家。



ここがまずややこしい。

彼女以外にも音楽・映画などのジャンルで'50年代後半から現在にいたるまで綿々と続く伝統あるフレンチ ロリータの系譜であるが、この中には彼女たちいずれかのファンになった時、他人からどう見られるのかという注意事項がいろいろ存在する。



例えばフランス・ギャルやヴァネッサ パラディ、シャルロット・ゲンスブール、モデルのモルガン・デュブレ、女優のシャンタル・ゴヤ、リュディヴィーヌ・サニエ、子役のころのヴィクトワール・ティヴィソルなどが好きなひとは100%完全にロリコンだと僕は思っている。(個人見解)



J.Bはモロにゲンスブール発だし、あのヘタウマ ウィスパーヴォイスから当時のカテゴリーに入れられるのは当然なのだが、「でも俺、別にロリコンじゃないし・・・」とか独白的に抵抗してから彼女の所産(音楽、映画)に向き合わなければならない・・・。



c0175267_0213582.jpg


こういう写真で・・・・・・・・・どこがロリータなんだ?




そして第二にエルメスの伝説のバッグ「バーキン」が象徴するような女性たちの「ファッション アイコン」的な存在感は、取り立てて女子ファッションに興味のない自分にとっては女子校に潜入するおっさんのような罪悪感をもたらす。




c0175267_111623.jpg



c0175267_1114210.jpg



この辺がファッション アイコン (汗)





で 結局どの辺をロリコンでもなく、女子校に正門から入るための言い訳にしているかというと・・・・・・・・・・





J.B出演のこの映画。(1968)


WONDERWALL



c0175267_12592762.jpg



ストーリーはめんどくさいのでパンフから割愛。


ロンドン。自然科学者のオスカー・コリンズ教授(ジャック・マッゴーラン)は、研究一筋のあまり、独身で初老を迎えた男。そんな彼が侘住まいするアパートの隣に、美しい娘ペニー(ジェーン・バーキン)が越してきた。ある晩。偶然できた壁の穴から見えた隣の部屋のペニーの姿が博士を魅了した。その日から彼の日常は壁穴からペニーの姿をのぞくことに費やされた。壁板をはがし、むきだしのレンガのすき間の至るところに穴を開け、そこからあふれだす幻想の世界。いつしか彼は幻想の中で彼女の恋人となっていた。・・・・・・




上記のポスターからもわかるように完全に60年代のサイケ調な色合いのカルトムービーなのだが、サイケデリックにあまり興味のない自分でも小学生の時から江戸川乱歩は好きだったのでこういう映画はマストになってくる。





で、実は元々WONDERWALLの存在を知ったのがこのアルバム。



c0175267_2141353.jpg




当時まだ解散していなかったビートルズのジョージ ハリスンがこの映画の音楽担当で、内容的にサントラというよりもジョージ ハリスン初のソロアルバムの意味合いが強い。

ビートルズのメンバーの中でもサイケ、インド、電子音楽へ特に傾倒していた彼の趣向がよく表れていて、個人的にアフタービートルズの4人のソロ発表の中でも最高傑作である「All Things Must Pass」の序章ともいえる内容となっている。

「不思議な」ではなく「不思議の」壁 なところもスバラシイイ!!!







エディー・クレイトン (Eddie Clayton)名義の クラプトンが参加!
この曲は完全にクラプトン節。。





あとこれは最近知ったのだが 監督のジョー・マソットという人は後年の76年に発表された、あの悪評高い「レッドツェッペリン/狂熱のライブ」の監督でもあるらしい。(なんとなくわかる)






・・・・・で、だから結局なにが言いたいかというと、自分は 江戸川乱歩発 ジョージ ハリスン経由の WONDERWALLな J.B好き といういまいち説得力に欠ける説明なのであった・・・・・・・・







コレクターズ アイテム




c0175267_12583096.jpg




c0175267_1302625.jpg


ナジャの「羊歯の目」をどうしても髣髴させる。。。




c0175267_305750.jpg








あと・・・・・・・




c0175267_131194.jpg



だからこういうのが余計なんだ。。。。。。。









まだまだJ.Bに関しては書きたいことがあるのですが永久に終わらない気がしてくるのでとりあえず 続く・・・・・・
[PR]
by tre-lumache | 2011-06-20 03:03 | フランスかぶれ 2011

フランスっす ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・フランスかぶれ 2011






最近まわりがフランスまみれ・・・・・・・・・・・



いまさら街に突然、大量出現した「星付」レストランの威光に おびえているわけでもなく、




今、大阪の飲食業界でヴィヴィッドなのは明らかにイタリアンよりフレンチ!








もはや嫉妬しても 仕方がない、尊敬の対象である関本氏のこんなハガキも 脳内フランスまみれ感を増幅!



c0175267_2134776.jpg


また御挨拶にウカガイマス!






あと、うちの店には絶対来ないと思っていた フランス感むんむん 漂わせる大阪 ガストロ系ソーシャル ネットワーク界のフィクサー(個人見解)からもこんなプレゼントを来店時にもらって 最初は無条件に嬉しかったのだが、だんだんとフランスのエスプリ感溢れる 人たらし ぶりに簡単にやられてしまった自分が情けなくなってしまった…。(でもうれしい・・・・)





c0175267_2205372.jpg






中身・・・・・・・

c0175267_3585810.jpg






こういう感じで 全591ページ・・・・・・・・・・・・













とどめは、








セルジュ ゲンスブール没後20年を記念して「ゲンスブールと女たち」 梅田ガーデンシネマにて公開中!>



c0175267_4264762.jpg




東京では映画公開イベントが結構もりあがっている。





結局 男がまず気になるのは B.B役 と J.B役。




B.B役は   Laetitia Casta (レティシア・カスタ)。。。。。。












・・・・・・・見に行こう。




もともとフレンチ スーパーモデルの彼女を発見したのはミラノの星付きレストラン滞在中 よく遊んでいたモンテナポレオーネ駅の近くにでていたGUESSの広告看板。



c0175267_253961.jpg




c0175267_2533078.jpg




当時は彼女のモデルとしての全盛期(?)
僕は年を取るごとにタレントや俳優に取り立てて自分のセックスシンボル的アイコンはつくらなくなってきたのだが、イタリア時代は「折角来たのだから…」とよく分からない理由でマイ セックスシンボルをムリからに設定しようと探していた。
しかし大学時代から映画を見ていてそれなりに期待していたイタリア女にはイマイチ感情が高ぶらない。
すでに定評あるモニカ ベッルッチを最初どうにかしようと試みて、売店に売ってるカレンダーも買ってみたが どうもあの黒太い眉毛と 彫刻のような暑苦しい体型が琴線に響かず、途中で諦めた。
他にも日本未上陸のイタリアの女優/モデルはいないのかと思い、テレビや映画などで探してみるも、どうもあの母音の強い陽性の口調で「PERCHE~?」(ペルケ〜?)とか「ALLORA!」 (アッローラ!)とか「CINQUANTA CINQUE!!」(チンクヮンタ チンクエ=55!!)とか やっていると




「無理。。」



となってしまうのがわかった。





そんなときに見つけたのが 前述のレティシア・カスタ。




モデルなのでイタリア滞在当時、ファッション雑誌などの表紙を飾るのは当然だったのだが語学勉強のため ほぼ毎月買っていた 男性総合情報誌GQの表紙が忘れられない。(実家所蔵)







c0175267_3393376.jpg



これは別の・・・・・




で レティシアはレティシアで結構琴線に触れたので、その流れで僕はフランス女優/モデル フェチなのかと仮想定してしまい、結構マニアックにフランス女優/モデル業界に詳しくなってしまった











結局 我々のような真性イタリア好きは常に視野角度の1℃奥でフランスが気になって仕方がないのかもしれない。。。








つづく!!!
[PR]
by tre-lumache | 2011-06-11 04:39 | フランスかぶれ 2011