未来食堂通信

カテゴリ:音楽( 4 )

ようやく5周年

c0175267_15272911.jpg



この春ようやく5周年を迎えることになります。

運転資金0円で始めた居抜物件でしたが、いろんな人に支えられながらなんとかやってこれました。

学生時代や若手調理人時代は「感謝」という気持ちを 親にも先輩にも友人にも他人にも あまり持つことができませんでした。

でも30歳で料理長になったぐらいから 自分の立場や環境があるのが周りの人のおかげだということを初めて気付いて 自分が変わったのを感じました。

周年イベントも 割引企画も ドリンクサービスもやりませんが この場を借りて 皆さんに感謝したいと思います。 



本当に 本当に ありがとうございます。




c0175267_17411989.jpg





シールマンスも今年の4月で90歳だそうです。


現役。去年も来日してました。



彼の80年代後半以降のアルバムを聴いてると 本当に彼にしかできない音楽がそこにあるのを感じます。






自分の料理人としての人生もいつまで続けることができるかわかりませんが、彼のような音楽が似合うような店を目指してこれからも努力していきたいです。


c0175267_16415719.jpg







飲食業界は はやりすたりの激しい業界。



 
新しい店や今 勢いのある店に行くのもいいですが、僕はときどき50代、60代の方が料理をつくってらっしゃる店にわざと食べに行きます。




別に店の方と知り合いでもなく、たいしてうまくもない店も多いのですが 僕は何故か 心が安らぐのを感じます。 







皆さんも新店や話題の店ばかりではなく、たまに老舗のイタリアンやフレンチにいかれてみては?




なにか新しい発見があるかもしれませんね。







c0175267_17415296.jpg






翁に集結する素敵な祝祭。





c0175267_1814695.jpg





翁の「What a Wonderful World」は やはり説得力が違う・・・・・


























まさかの邂逅・・・・ (実家所蔵LP 今度もってきますネ!)







c0175267_17521669.jpg






SIVUCA 恐るべし
[PR]
by tre-lumache | 2012-03-18 18:26 | 音楽

予告

c0175267_18282859.jpg










c0175267_18285645.jpg

[PR]
by tre-lumache | 2012-03-15 03:27 | 音楽

国産ジビエ開始! & めくるめく音楽ライフ・・・・・


国産ジビエ開始。。。。。今年もいきます!


できるか?・・・・・・・・2011-2012 ver.



c0175267_9375368.jpg





その前に塚口参詣。





ホルモン鍋。




・・・・・・・・・・・・のプレリュードとしてでてきたのは 母乳のような乳白色のミノのだし汁とブラックタピオカ・・・・・



c0175267_2204686.jpg

妄想愛好家の写真を拝借。(多謝)









男の本能を直撃!マンモーネなイタリア人なら涙を流すに違いない。








c0175267_1095018.jpg



その後、氏 主催によるバルーンなグラスに注がれる黒い母乳?(個人見解)の会。  at tre lumache















氏に捧ぐ。イタリアが誇る レア グルーヴ  モンスター AUGUSTO MARTELLI の`7?年作 官能に炸裂する音楽の催淫装置。





c0175267_1071258.jpg




ピエモンテやウンブリアのトリュフ犬は仔犬のころから母犬の乳首にトリュフをこすりつけられてトリュフ香のする母乳を飲んで育ち、青年期のエサにもトリュフをちょっぴり含ませるため、一生その香りを探し続けることになるのだが、私たち人間には幼児期の母乳の香りの記憶もなければ  「これが入っていれば必ずおいしい」 という絶対的な食材も存在しないので一生わけがわからないまま さまざまな飲食店に通い、あれやこれやと食べなければならない羽目になっている。カレーにラーメン、うどんに蕎麦屋、寿司屋に焼き鳥。


しかし、少子化が叫ばれ、国の存続さえ危ぶまれる昨今、 政府はこの季節のイタリアンやフレンチレストラン、ワインバーに限って徴税免除にし、ピンスポットな経済特区を与えるがいい!!



「テーブルは身体こそ横たえないものの、眼と眼で添い寝するひとつのベッドです」と ソニア リキエルが本当に言ったのかどうか私はしらないが、このテーブルは必ずレストランであるべきで、いろんな貝類や生魚を提供する寿司屋に若干のエロスを感じるものの 蕎麦屋でもカレー屋でもラーメン屋でもないと私は思っている。



ジビエ、ワイン、白トリュフ、黒トリュフ、ポルチーニ、タラやフグの白子、卵黄まみれのタィヤリン、カカオ、エスプレッソにグラッパ・・・・・イタリアンやフレンチレストランにはこの季節 催淫効果抜群の絢爛たる食材を多数 擁し、妖艶なフェロモンを放つ。



この不景気な時代、徴税免除され商売的に楽になった善意あふれる店主たちは客に還元し、街中のイタリアンやフレンチにはカップルがあふれかえり少子化の抜本的解決策のひとつになりえるであろう。



しばし街角の弁当屋で唐揚げ弁当を買って帰る六畳一間の未婚の同棲にはそれなりのエロスは存在するのかもしれないと思ってみたが、デパ地下で買える100g600円の無農薬サラダを並べる広いダイニングテーブルにはエロスはかけらも存在しない。





母乳をイメージさせてる店主がエロいのか?解釈する私がエロいのか、あるいは2人ともマザコンなのかなんなのか全く訳がわからないが、世の中のカップルやカップル未満の人たちに素敵な冬のデートを願わくはイタリアンやフレンチレストラン・ワインバーで楽しんでほしいと私は思っているのである。


















c0175267_108356.jpg




アホですね。






c0175267_1084815.jpg




内ジャケ見開き。 マイ ジャケ コレクション ベスト 5 に入る完成度。















c0175267_1395622.jpg

[PR]
by tre-lumache | 2011-11-19 04:39 | 音楽

話がそれます/ 音楽

先日、天満の市場で偶然会った 苦楽園の某大御所シェフに 「おまえのブログは暗い・・・」 といわれた。

そんなことはないはずだと思い、たいして気には留めていなかったのだが
このブログを苦労して更新した翌日 当店の女性スタッフに無理やり読ませても 最近無言になってきた。






自省・・・






ということで当店の裏コンセプトである音楽について月一ぐらいで紹介していきたいと思う。(・・・これで少しは明るくなれば・・・・)


一回目は夏らしくブラジルの白髪怪人 SIVUCA。







単調なブラジリアン カントリー/フォークかと思いきや 1:27 から自制をふっきったかのようなハイトーンスキャットに心を奪われそのままラストまで。

・・・・・・・・・・・なにも全伴奏 スキャットしなくても



この年 1930年生まれの彼は39歳


そして1972年

c0175267_312413.jpg



この年42歳の彼は一気に老人化・・・・




ビル・ウィザースの"Ain't No Sunshine"のカヴァーで有名に。

(ビル・ウィザースと"Ain't No Sunshine"については次回に・・・)





ちょうど 1:00ぐらいで ゴン太くん登場






原曲の I KNOW にこめられた怨念のようなものは一切消え、ブラジルの恐ろしさを思い知る。



気に入った方はこちらも






手さえ動いてなければもはや即神仏。






3:03 魔神エルメート パスコアルとの戯れは もはや人知をこえる・・・・
[PR]
by tre-lumache | 2010-08-31 02:40 | 音楽