未来食堂通信

カテゴリ:店名の由来( 2 )

店名の由来 その①

こんばんわ。ディープ大阪 西天満にあるイタリアンレストラン 三匹の蝸牛食堂です。

今日はよく質問される店の名前について説明したいと思います。

その名前はイタリアの誇る天才レオナルド ダ ヴィンチに関係するレストランに

由来しています。

ダ ヴィンチの父親はパティシエで、あとを継がせたいと思ったらしく、

ダヴィンチが青年時代に

日本で言う丁稚奉公のようなものにレストランに派遣させられました。


場所はフィレンツェのポンテヴェッキオの近くで

最初はサーヴィス担当で後には料理長まで務めました。

そのレストランの名前が「タヴェルナ デッレ トレ ルマーケ」だったのです。

ダ ヴィンチの末裔でもない、自称天才でもない僕ですが、店の名前からして胡散臭くて、

トラディショナルで、ストーリー(歴史)があってノスタルジックなこの名前を

中学生のとき、借りてきた本の中で知り、その後 料理人になり

突然イタリアに行き、帰ってきてまた紆余曲折を経て、

とうとう店をやることになって突然思い出したので

このビッグな店名を引き継ぐことにしました。




ちなみにダ ヴィンチは料理の才能は全くなく、店はつぶれました・・・・・・


・・・・・・続く!!
[PR]
by tre-lumache | 2008-11-01 03:07 | 店名の由来

店名の由来 その②


店をつぶした ダ ヴィンチはその後 懲りずに、友達だった サンドロ ボッティチェリ(中学の教科書にも出てくる「ヴィーナスの誕生」などの作者)と一緒にまたレストランをつくりました。

その名も「All`insegna delle tre ranocchie di Sandro e Leonardo」

直訳すると「サンドロ と レオナルドの三匹のカエルの看板で」というわけのわからん店名になります。(・・・なぜか三匹にこだわる)


ダ ヴィンチは なぜか右から左にメニュー名を手書きしてわざと読みにくくする という やんちゃぶりを発揮しますが、今回はボッティチェリが料理を考案し、店は繁盛しました。

以上がだいたい僕が知ってるダ ヴィンチのレストラン話なのですが、
要するに今でいう たむけんの焼肉や とか 池乃めだかのバーなどの
芸能人の店みたいなもんやと思うと今も昔もそんなに変わらんなーとは思います。(ちなみに池乃めだかのwikipediaはむっちゃ面白いので見てみてください→めだか師匠

ただ めだか ダ ヴィンチがすごいのはその後もしつこく料理に関係
するような発明をしていたらしく いまでいうワインオープナーや野菜のスライサーを考案したのはダ ヴィンチといわれ、イタリアの料理人はワインオープナーやスライサーのことを 「レオナルド」と呼んだりしています。(そういう名前をつけた製品もある)



店名の由来編 終
[PR]
by tre-lumache | 2008-10-23 04:33 | 店名の由来