未来食堂通信

ONDA NUEVA

最近ふっきれた。



突き進みます。




偏愛イタリアまるだし。




料理のこと? 


昔の偉大なシェフ達たちはブログで料理を自慢しなくても皿の上で表現してました。真のジャーナリストやお客さんもそれを読み取り、感じる。



陶芸家が自分の作品のことをブログで自慢してたら嫌ですもんね。どんな土使ってるか自慢してたり、テクニックを語ってたり・・・・・・僕の感覚とは違います。



本国のイタリア地方伝統料理自体のことはもっと紹介していきたいとは思ってますけど・・・・・




閑話休題・・・・・


知る人ぞ知る美人大国 ベネズエラの怪人 ALDEMARO ROMERO  が70年代 初頭にブラジルのボサノヴァ、バロック音楽、ラテン、ジャズなどをミックスした音楽を提唱したのが オンダ ヌエーヴァ。直訳すると「新しい波」。 文字通り波の飛沫の様に押し寄せるスキャット コーラスに溺死しそうになります。

その人気作の北米版ジャケットがこれ。本国ベネズエラ版はまだ許せるとして日本国内版はちょっと・・・。


c0175267_1037137.jpg










そのALDEMARO ROMERO  のオンダヌエヴァ革命に影響を受けたのがイタリアのジャズピアニスト/作曲家 ナンド デ ルカ `71年作のオンダ ヌエーヴァ エン プエルト アズール。

c0175267_10183842.jpg


nando de luca / onda nueva en pueruto azul



ナンド デ ルカ

c0175267_10454272.jpg


見かけはやっぱしジャズ畑。






遠距離関係にあるとはいえイタリア人はブラジル&南米大好き。リオのカーニバルなんかには相当の憧れを抱いているようです。僕がイタリアにいた時も毎年リオのカーニバルのニュースというか実況中継には同居人のアンドレア君なんかはテレビに食いつくように見入っていました。音楽でも‘60年代 世界中を席巻したボサノヴァなどのブラジル音楽の影響をアメリカと同様に色濃く受けたのがイタリアです。アメリカは流行よろしくボサノヴァをとっとと使い捨ててしまいましたが、イタリアはパオロ スコッティ、ジェラルド フリジーナ、ニコラ コンテ等のジャズ/クラブサウンドの中で現在進行形。そういうとこに日本人もそうやと思いますが音楽そのものに対する豊かな感受性を感じます。


というわけで`70年代初頭のイタリアでは各ジャンルでブラジル音楽は引っ張りだこ。ブラジルに飽き足らないナンド デ ルカ等のイタリア人がベネズエラに目を付けたのも想像に難くないですね。そのベネズエラもそもそも「ベネズエラ」という国名自体、コロンブス以後南米を訪れたイタリア人探検家 アメリゴ・ヴェスプッチが、現地人の水上村落を、水の都ヴェネツィアに見立てて命名したというほどイタリアと深い関係があるのです。


で オウム。

c0175267_12722.jpg


中 CD

c0175267_1274227.jpg




これ、ALDEMARO ROMERO のOnda Nuevaの商標みたいなもんなのですが堂々と?使ってます。のれん分けみたいなもんでしょうか?許可とってるのか?


c0175267_12145191.jpg





こういう経緯をナンド デ ルカ本人に聞いてみたい。まさか中国のドラえもん的な・・・・・?




続く


続きはコレ




c0175267_15314384.jpg











[PR]
# by tre-lumache | 2012-09-30 01:21

靴ジャケ

(この前の続きは次回)





靴ジャケ 





街角クラブ   ロー ボルジェス・・・・




c0175267_12285499.jpg






靴はすべてを語る。




僕のはイタパセとトマトがよく付いてます。




c0175267_12315864.jpg







老後はこんな感じで暮らしたい。





[PR]
# by tre-lumache | 2012-09-21 12:33

忘れてました




(前回の続きは次回)


c0175267_10311532.jpg






明日 16日 日曜日 ディナーは営業しています。


すっかり告知を忘れてました。




お席もまだ少し空いてます。




写真はぶつぶつ交換でいただいたアイーダさんの茄子。




こくまろ。 おいしかったです。  この前食べに行きましたが まだまだ過小評価されていると思いました。(僕が言うのもなんですが・・・)



アイーダさんのことも大阪のイタリア料理界のことも書きたいこといろいろありますが書きません。自分の仕事に関することは寡黙にやるつもりです。





ぶつぶつの片方。

c0175267_10572566.jpg




料理人なんてだいたい変人です。









 
[PR]
# by tre-lumache | 2012-09-15 11:02 | お知らせ

海のつづき 次回予告

予告


c0175267_14263743.jpg



からの



c0175267_143177.jpg



そして



c0175267_14314273.jpg




について・・・・・・・・・・・・・・





誰も興味が湧かないかもしれないイタリアのこと・・・・




c0175267_14334942.jpg





続く
[PR]
# by tre-lumache | 2012-09-07 14:37

夏がおわります 


夏が終わりますね。


毎年こんな夏を夢見て・・・・・・・・・ (本気)



c0175267_1258391.jpg



来年こそは素敵なバカンスを!!!!!!








・・・・・・同アルバムの残念なイタリア版LPジャケット



c0175267_13142223.jpg




砂浜に落ちた金星人のイメージか? 










c0175267_1335446.jpg




はじめて金星人にあったアダムスキーさん。





c0175267_13445514.jpg




天才の境地!!。。














・・・・・・・・今日は適当に書きすぎました。








すみません。














続く?
[PR]
# by tre-lumache | 2012-09-03 00:38

料理→靴→MUSICA→服→料理

c0175267_14372184.jpg




靴ジャケ。

男ならみんな憧れるシーン。裸足なんがええですね。裸の足。

だからこれは半裸状態なわけです。雨が降る中、傘もささずに家から急いで飛び出て来て、男を追っかけて 何かを脱ぎ捨ててしまった瞬間ですわ。

最高の恋のはじまり。


ええです。





それに比べて靴ジャケ有名度No.1のコレ。






c0175267_14465827.jpg





コレなんかはすまし過ぎですわ。

後ろの男とは喧嘩して離れて歩いてます。よくあるパターンですね。


男が仲直りしよーと思って体傾けてしゃべりかけてんのに無視して歩き続ける冷たい女!


だいたい女がこーなったら 理由もなく謝るしかないです。石田純一もお手上げ。ほんまにしんどい。







以上、妄想おわり。


c0175267_13594997.jpg




靴磨き。黒を落としながらの濃茶重ね。微妙にパープル。ワックス。 ほぼ履かずにひたすら磨いているとこうなります。これぞ変態の仕事。







c0175267_13143690.jpg





マイ バイブル。  the sartorialist   Part2もこないだ 発売。   Limted Edition 注文中。









見てると外国に行きたい病。沸々・・・




大阪をもっと艶のある町に!!!!!!









暑いのであっさりめで。




こないだの琵琶湖の天然大うなぎ、うまかった。







ひらめきました。







つづく
[PR]
# by tre-lumache | 2012-08-24 01:35

SCARPARIELLO

c0175267_13524636.jpg





彼は私の祖父の靴に対して軽蔑の仕草をし、「そいつはしっかりしているようだが、もう壊れかけているようなもんだ!」と言ったのだ。


私は英国製の靴なんだよと懸命に繰り返して言ったのだが、彼はいつも答えるのだった


「若いの。そいつは靴底ではなくて、聖体(オブラート)だよ! その靴で第一の聖体拝領くらいはやれるだろう。トレド通りに散歩に出掛けて、昇り降りを一回やれば、そいつを捨てねばならなくなるだろう!」




                                              クレシェンツォのナポリ案内 より




c0175267_13331632.jpg




今月の月刊専門料理にでてた。


SCARPARIELLO(スカルパリエッロ)=靴磨き職人風





料理本とかでこの料理名の由来として紹介されているのは必ず「パスタの皿がよく磨かれた靴のようにピカピカになるまで舐めるように食べつくすほどおいしいから」 というものです。 


しかし異論という程のものではないのですが、僕はこの由来話に昔から疑問をもっておりまして、おいしさのあまり皿を舐めつくすほどだったというよりも、実は空腹を満たされないが為に最後の最後まで皿を舐めつくしたのが由来の実情であって(もちろんおいしかったんでしょうが) どちらかというと産業革命以降の近代~戦後における南イタリアの経済的貧困を象徴するような料理だと思っています。





上記の 而立書房刊 「クレシェンツォのナポリ案内」には こんな話も載っています。



「8歳のときには、‘パスタ吹き‘をしていました」




「いったいどんなことをしていたのです?」




「パスタ吹きとはですね、パスタを吹く仕事のことです。親父は友人の食料品店へ私を奉公に出しました。私は毎日、出てくるゴミを集めなければなりませんでした。ゴミというのはすべて、残ったパスタの屑で、売り台の上か、地面に見つかるものでした。お分かりのように、こうした複合パスタ---スパゲッティ、チューブ、マルタリアーティ-----は、インゲン豆やジャガイモと食べれば、ほんとうに素敵な食事になりますよ!で、今お話しようとしていたのは、私の仕事のことでした。パスタの屑を集めては、それをふるいにかけ、正真正銘のゴミと区別し、最後に上から息を吹きかけ、ほこりを飛ばすようにしていたのです。ですから、私は‘パスタ吹き‘と呼ばれていたのです」










・・・ええ話です。





靴磨きといってまず思い出すのはちょうど僕のイタリア滞在時、インテルで活躍していたフランチェスコ モリエーロ(SCIUSCIA' MORIERO!!!)の靴磨き職人風??ゴールパフォーマンス。 こんなの覚えてるの日本に何人いるんですかね?







0:30から靴磨きの様子が一瞬映ります。(ほんまに一瞬) この年 ウディネーゼからミランへ監督就任したザッケローニも0:31に映っててなかなか面白い画像です。






もちろん逆ヴァージョンもあり。 ロナウド超全盛期。ほんまにええ時代にイタリアにいました。。。。






c0175267_14223455.jpg








これもおもろい。








ええですね。








ちなみに僕も休みはよく靴磨きをしています。
ただ趣味というよりも性癖に近いような気がするときがありますが・・・・・









c0175267_1338431.jpg

[PR]
# by tre-lumache | 2012-08-16 02:44

Tシャツ完成

c0175267_1365827.jpg






c0175267_12563877.jpg







c0175267_1375028.jpg







5周年Tシャツ完成しました~。





ホワイト・アイボリー・グレーの3色が 2100円


ブラジルカラー  3200円 となっております。




サイズ (XS.S.M.L.LL)




こちらからメッセージ下さいませ。



FACEBOOK    トレ ルマーケ 公式ページ




また直接店に取りに来ていただくとありがたいのですが、



郵送も可能です(送料別途500円頂きます)



その場合は代金引換又は銀行振り込み(前払) でのお支払いとなります。








ご質問などございましたら、上記FACEBOOK にてお気軽にお問い合わせくださいませ。
[PR]
# by tre-lumache | 2012-08-03 13:39