未来食堂通信

国産ジビエ開始! & めくるめく音楽ライフ・・・・・


国産ジビエ開始。。。。。今年もいきます!


できるか?・・・・・・・・2011-2012 ver.



c0175267_9375368.jpg





その前に塚口参詣。





ホルモン鍋。




・・・・・・・・・・・・のプレリュードとしてでてきたのは 母乳のような乳白色のミノのだし汁とブラックタピオカ・・・・・



c0175267_2204686.jpg

妄想愛好家の写真を拝借。(多謝)









男の本能を直撃!マンモーネなイタリア人なら涙を流すに違いない。








c0175267_1095018.jpg



その後、氏 主催によるバルーンなグラスに注がれる黒い母乳?(個人見解)の会。  at tre lumache















氏に捧ぐ。イタリアが誇る レア グルーヴ  モンスター AUGUSTO MARTELLI の`7?年作 官能に炸裂する音楽の催淫装置。





c0175267_1071258.jpg




ピエモンテやウンブリアのトリュフ犬は仔犬のころから母犬の乳首にトリュフをこすりつけられてトリュフ香のする母乳を飲んで育ち、青年期のエサにもトリュフをちょっぴり含ませるため、一生その香りを探し続けることになるのだが、私たち人間には幼児期の母乳の香りの記憶もなければ  「これが入っていれば必ずおいしい」 という絶対的な食材も存在しないので一生わけがわからないまま さまざまな飲食店に通い、あれやこれやと食べなければならない羽目になっている。カレーにラーメン、うどんに蕎麦屋、寿司屋に焼き鳥。


しかし、少子化が叫ばれ、国の存続さえ危ぶまれる昨今、 政府はこの季節のイタリアンやフレンチレストラン、ワインバーに限って徴税免除にし、ピンスポットな経済特区を与えるがいい!!



「テーブルは身体こそ横たえないものの、眼と眼で添い寝するひとつのベッドです」と ソニア リキエルが本当に言ったのかどうか私はしらないが、このテーブルは必ずレストランであるべきで、いろんな貝類や生魚を提供する寿司屋に若干のエロスを感じるものの 蕎麦屋でもカレー屋でもラーメン屋でもないと私は思っている。



ジビエ、ワイン、白トリュフ、黒トリュフ、ポルチーニ、タラやフグの白子、卵黄まみれのタィヤリン、カカオ、エスプレッソにグラッパ・・・・・イタリアンやフレンチレストランにはこの季節 催淫効果抜群の絢爛たる食材を多数 擁し、妖艶なフェロモンを放つ。



この不景気な時代、徴税免除され商売的に楽になった善意あふれる店主たちは客に還元し、街中のイタリアンやフレンチにはカップルがあふれかえり少子化の抜本的解決策のひとつになりえるであろう。



しばし街角の弁当屋で唐揚げ弁当を買って帰る六畳一間の未婚の同棲にはそれなりのエロスは存在するのかもしれないと思ってみたが、デパ地下で買える100g600円の無農薬サラダを並べる広いダイニングテーブルにはエロスはかけらも存在しない。





母乳をイメージさせてる店主がエロいのか?解釈する私がエロいのか、あるいは2人ともマザコンなのかなんなのか全く訳がわからないが、世の中のカップルやカップル未満の人たちに素敵な冬のデートを願わくはイタリアンやフレンチレストラン・ワインバーで楽しんでほしいと私は思っているのである。


















c0175267_108356.jpg




アホですね。






c0175267_1084815.jpg




内ジャケ見開き。 マイ ジャケ コレクション ベスト 5 に入る完成度。















c0175267_1395622.jpg

[PR]
by tre-lumache | 2011-11-19 04:39 | 音楽