未来食堂通信

Pagnotta も 一周年!

c0175267_8482095.jpg



気がつけば 当店スタッフ 荒木氏主宰の料理教室 パニョッタも 一周年!


週一しかない日曜日の休みを使ってよくがんばりました。




10年ほど前に同僚として知り合った荒木さんはフランス語学教室にも通っていた完全なるフランスかぶれ。休みの日に東京に食べに行くというのでどこに行くのか聞いたら マンジュトゥー でした(笑)

またその当時からフランスはもちろんドイツ音楽、アンビエント、日欧テクノなどに精通し、レコード蒐集に浸っていたなかなかみどころのある若者でした。





c0175267_1153124.jpg




しかし、当時のメイクはこんな感じ。 フランス臭 ぷんぷん!








普通なら「フランスが好きなのになぜイタリア料理を?」となるところですが僕も元々強烈なマルチカルチャリズミーな人間だったので ノープロブレム!!



料理が好きで食事が好きで外国の文化を知りたい。吸収したい。これがあればいいのです。





僕の中でフランスの音楽で思い浮かぶのは まずルグラン。
イタリアの1960~70年代に映画音楽で活躍したチプリアーニ、トロヴァィオーリ、ニコライ、ピエロ ウミリアーニ、パカロフなどを 2代目 ミスタータイガース 村山実 (関大卒)に例えるなら 僕の中でルグランは完全にミスター ジャイアンツ 長嶋 (立教卒)なのです・・・・悔しながら。(しかしこの後 80年代中ごろ存在感を増してきたエンニオ モリコーネの大活躍により(BKO砲) イタリア軍は勝利をおさめる!)



 







悔しいけど イイもんはイイ!!  嫉妬!嫉妬!嫉妬!!






c0175267_153861.jpg


リイシュー版LPながら新品未開封。もっぱらCDで聞いてます。A3最高!






上の映画のポスターデザイン。ほんまにこういうのに僕は弱い・・・

c0175267_161066.jpg















名盤「ロシュフォールの恋人たち」はオリジナルの「la chanson des jumelles」のアッパーなフランス語がたまに鼻につくときがあるので(職業ガラ・・・)どちらかというと インストのこっちが愛聴版です。




聴いてると たいして内容のないはずの自分の半生に感動して泣く・・・・・(これはエンニオ モリコーネにも共通)

c0175267_163987.jpg


'67 オリジナル!! MINT!!!





9年前・・・・・・


c0175267_17066.jpg







がんばれ! PAGNOTTA !!








次のレッスンメニュー。だそうです。

c0175267_1114756.jpg



049.gif
[PR]
by tre-lumache | 2012-03-26 01:35